Posts Tagged ‘自閉症’

平成25年 焱夏の出来事  編

2013-09-22

平成25年 焱夏の出来事  編

セルフのディスプレイもすっかりオータムバージョン。
お客様、まりさんのハンドメイドパッチワーク。
コスモスが満開です(*^_^*)
どうぞ、皆さんいらしてくださ~い\(~o~)/

セルフ店内秋1     セルフ店内秋2    セルフ店内3

今年の夏は、猛暑・酷暑・炎暑(私的には焱暑)とまで言われ
気象庁も異常気象と発表されたくらいほんとに暑かったですねぇ~(^^ゞ
今年はさすがに節電・節電も言わなかったですね。

やっと、少し涼しくなって、先日の中秋の名月。みごとな満月でした。
以前読んだ何かに、日光浴は太陽ですが、月光浴はまさしく月の光。
これも身体にいいと書いてありました。
皆さん、是非外に出てご覧になって下さいね・
今年の次は8年後だそうです。
秋の夜長・・・・今年の夏を思い返してみましょうか・・・・

7月末~8月~9月までの活動レポートです。

7月28日ボランティア入門講座 佐賀大和特別支援学校へ

ここ近年、春から夏にかけてはどこの特別支援学校でも長期休暇に入る前
余暇支援に一環として夏休み教室を開催しています。
そのボランティアの入門講座としてセルフがレクチャーで呼ばれています。
先月は、嬉野特別支援学校でした.佐賀県大和特別支援学校からもお声が掛かりました。

今年も障害児と遊びたい、仲良くなりたいと、いろんな大学から、参加してくれました。

ここでお話させてもらうのは、もう5年くらいになります。
私の前にお話された大和の先生は、セルフで、このセミナーを自分達でやりはじめた1期生の

受講学生さんで卒業して、もう、10年になりますと言われ、びっくり(*_*)でした。

継続は力なりを実感しました。

大和講座1      大和講座2

障がい児支援関連セミナー2連発

8月10日
どうしても、まわりからなかなか理解されず「変わった子」「おかしな子」
と思われてしまいがちな子どもの知識理解と、
「で、どうしたらいいのでしょう?」の対応をお伝えしました。
学生さん今春から福祉現場に就職されたボランティアOB さん
他、沢山来て頂き受講されました。
この講座スポンサーの、未来創造基金理事長の山田さんにも、来ていただきました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。しっかり伝えて行きます!!

8月10日1       8月10日2

8月11日
「子どもの将来を考えて、今、出来ること」と題して、
障がい児保護者向けのお話しでした。
≪障がい者を雇用する会社側≫からの視点と
≪雇用される子どもの保護者側≫からの視点を
セルフのボランティア講座講師の蓮室先生(経営コンサルタント)が解りやすく
今の現実を整理するセミナーでした。
お盆前で、日曜で、猛暑という、三悪の日程にも関わらず、沢山の受講があり、今回だけでは、修まらず、また、続きの講座希望の拍手を頂き、二回目の開催が、決まりました。次回は10月14日(祝)13時~アイスクエアビル5Fの会議室です
\(^o^)/
興味があられる方は是非セルフまでご連絡ください!!
追記!この日は蓮室先生Birthday セミナーでした。( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

8月11日1     8月11日2

さてさて・・・どんどん行きま~す!!

障がい児夏休み教室3連発\(~o~)/

8月16日   障がい児親子夏休み教室 ①
佐賀市障害児夏休み教室助成を受け、ほほえみ館で、夏休み教室①を開催しました。
今年は佐賀県からの提案で
大学生で子ども・福祉関係専攻の学生は決められた時間を実習なりボランティアを体験すると発達障がい支援士の免許が習得出来るというシステムが始まりました。
それでセルフは、佐賀女子短大とのコラボで、沢山ボランティアが来てくれました。
ここでの体験や経験がこれからの障害児支援のきっかけになってくれることを
願って止みません。
 アンパンマンの絵は、M ちゃんが、描いてくれた力作です!

8月16日1     8月16日2     8月16日3

8月25日  障がい児夏休み教室②
熊本県荒尾市のグリーンランドまで、夏休みバスハイク。
この日の為にボランティアさんも集めて、子ども達とのカップリングメールも送信済み。
みんなとっても楽しみにしていてくれました。
で、、、、、朝から大雨。
参加した子どもたちの家族や周りから、中止の連絡きた?
 まさか、、さすがに行けない でしょう?
と皆さん言われたらしい。
しか~し、安永、中止の連絡をするつもりはマッタクなく、セルフは、基本、雨天決行。
みんな元気に出発しました\(^o^)/
自閉症の障害特徴として、突然の中止や変更に対して、対応能力が、きわめて低く、納得するのに、相当な時間とストレスが掛かるため、(特にお楽しみなどは。)
とりあえず、行くことを重視しているためです。
ま、まさか・・・柳川の沿岸道路に乗る頃は雨が止んで空が明るくなってきたのには、
驚きました。
自閉症パワーは、侮れない、、と痛感。
現場に着くと、夏休み最後の日曜日ということて、園内は結構賑わってました。
時々は、雨に降られながらもボランティアさんと一緒に忘れられない笑顔な夏の一日を
無事に過ごすことが出来ました!

8月25日1     8月25日2     8月25日3

8月30日 障がい児夏休み教室③
心配していたお天気も、難なくクリア。
改めて障害児たちの無垢の力に感服。
今回は平均年齢が6歳と今までにない若い(?!)子供たち13人、ボランティア15人

この夏休み教室も、今まで10年近く開催してきましたが、

生後3ヵ月の赤ちゃん(兄弟児)の参加は初めてでした。

セルフも降り幅広くなりました。まさに、安永おばあちゃんになっていました。(笑)
とにかく今年も無事に終了してよかったです。

8月30日1     8月30日3     写真

ここで少し、ブレイクタイム。
おいしい情報(*^_^*)

毎年お盆は、実家に集まり先祖供養と、食事会。
毎回、いろんな所に鉢盛りを頼んで楽しんでます。
今回はいつも、ランチでお世話になってる唐人町の 「よってこ十間堀」に頼んでみました。
じいちゃんの大好きなカニが丸ごと入っていたのでご機嫌でした。とっても、おいしかったです!皆さんも、会食の際はご賞味あれ~\(^o^)/

「よってこ十間堀」
佐賀県佐賀市唐町1-1-14
0952-97-9075
http://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41004359/
写真は1鉢5千円メニューです。

写真   写真

今回、障がい児支援の話題ばかりでセルフの本業は髪切り屋さんじゃないかい??
と、おもわれてますよね?(^^ゞ
と、いうことでそちらの話題をちょっと・・・・

この夏、引きこもりの高校生のお家に訪問カットの依頼があり
2件ほど伺わせて頂きました。
なかなか、子どもの気持ちに合わせることが難しく、顔さえ出して見せてくれません。
もちろん、初めて会うしらない人に髪を切ってもらうなんて・・・無理ですよね。
その代わり、ご家族の方は、溢れる想いが沢山あるようで、
いろいろお話を聞かせて頂きました。
1件は家族の協力で何とか部屋から出て来てくれてカット出来、最後はほんの少し笑顔がみられたのですご~く嬉しかったです。やっぱり、女の子はおしゃれがすくなんですよね。
あと1件は、まだまだ、時間が掛かりそうです。
でも、少しずつ、少しずつ話をきいてくれますが、返事はしてくれません。
でも、最後は私を部屋に入れてくれて、「また来るから、今度は切らせてね?」と言ったら、ほんの少しだけ頷いてくれました。これだけでも本人は相当頑張ったんだろうな・・・と
思うと、出来るだけのことはやろうと思いました。
こんな風に、普通の美容室や床屋さんにカットに行きたくても行けない方々にセルフを知ってもらいたいと心から思います。

今年は、障がい児支援にたくさん助成金を頂いたので
この場を借りて、ご報告とお礼です。

佐賀市市民活動応援制度「チカラット」にご協力頂き、ありがとうございました。
皆さまのお陰で、セルフが出していた希望申請金額を満額頂けることになりました。
セルフの活動に投票して下さった市民の皆さま
本当にありがとうございました。M(__)m

7月31日 佐賀新聞社善意銀行助成金 授与式

先程、佐賀善意銀行 助成金 贈呈式に出席してきました。
皆様からの善意の気持ちをありがたく受け止め、活動に生かして行きたいと思います!
ありがとうございますm(__)m

写真  写真

未来創造基金から、これからのセルフの活動を応援したいと助成金を頂きました。

皆さまの期待に報いるよう1つ1つに気持ちと願いを込めて企画・開催します。

夏休み番外編
以前お世話になった大学生ボランティア二人が、地元に帰り先生になって、
里帰り的に顔出ししてくれました! すっかり先生らしくなられていました。
ちょうど、仕事が休みだった、憲征とモラージュのゲームセンターで、
束の間のお盆休みを満喫させてもらいました。

写真  写真

10月だっ!!9月もあっという間に過ぎてのいろいろアップ集

2012-10-08

皆さん、ご機嫌いかかですか?

このところやっと、過ごしやすい気候になってきましたね。

 昨日は、親と一緒に、瀬高の清水寺にいきました。

http://www.e-kiyomizu.or.jp/

澄んだ空に、三重塔の朱色がひと際鮮やかで、心が落ち着きました。

とは言いつつ・・・ブログの更新が滞り、申し訳ありませんm(__)m

 

9月も、いろんなことがありました。
その時々は、これもアップしたい、あれもアップしなきゃ・・と
思うのですが、日々の出来事に追われて遅くなってしまします。

 

でも、こうやって毎日、あれも、これもと忙しい時間を過ごせることに
≪しあわせ≫を感じています。

 ≪しあわせ≫っていつか来るものではなく、
その時、その瞬間が≪しあわせ≫と思えることが1番の≪しあわせ≫なんだよな~って思えています。

(なんかごまかしてる感・・・・ありあり・・・ですよね・・)

 しかし、一字違いの「しわよせ」でこうやって苦しむ羽目にも・・・(汗)

 さて、今回は、9月のいろいろ報告編です。

 

まず、障がい児保護者支援  編

 夏休み明けての9月19日の茶話会では、「障がい児保護者セミナー」として
安永が送る「障がい児の道しるべ」をお話しさせて頂きました。

わが子が今年の春に高等部を卒業し、通所施設に通わせるようになったことで
今までの経験上、どんなことで悩み、どこでどんな選択をしなければならないかを
少しでもはやく分かっていると、子育ての不安が軽くなるかな~とおもいました。

私が聞いておけばよかった・・・と思えるような情報を皆さんに共有してもらいたかったのです。

 今回は今、子育て真っただ中の保護者の方に聞いて欲しい内容だったので

セルフの会員さんはもちろん、

佐賀市手をつなぐ育成会の小学部で活動している「笑育舎」の皆さん、

【笑育舎】http://syouikusya.sagafan.jp/

昨年より佐賀で幼児期からの早期発見・療育を手掛けられている

㈱ぷれしゃすさんの保護者の方々にも、声を掛けさせて頂きました。

【ぷれしゃす】http://www.pureshasu.com/

 

当日は沢山の参加があり、嬉しい悲鳴でした。
いかにわが子の将来に対しての関心の深さが表れていました。
参加して下さった保護者の皆さん、本当にありがとうございました。

        

 

 

そして、【セルフどこでも美容室】取材  編

 

同日午後、佐賀新聞の取材でした、

セルフの訪問・出張美容部門での活動で、ここでも紹介させてもらった小城市のSさん宅にてお風呂場でパーマネントの様子を取材されました。

取材をしているカメラマンの後ろからの写真なんて、なかなか撮れないですよね。

これが、取材中のセルフと

今回、セルフの記事を書いて下さった、中島さんとツーショット(*^_^*)(^^ゞ)

また、これからも何かの時はよろしくですm(__)m

                 

で、29日の新聞にど、どぉ~んん!!と掲載されました。

          

 

あとは、 美味しいもの探し   編

 

セルフの会員でグランデはがくれのレストラン≪はなかご≫に

http://www.grande-hagakure.com/main/7.html

お勤めのKさんからディナーの割引券の紹介があったので、
セルフのみんなに声を掛けて夕食会を28日にしました。

 

みんな盛り上がって食べ始め料理の写真を撮るのも忘れたので、

Sさんがメニューカタログの写真を撮ってくれました。

そこで、Kさんからサプライズがあり、セルフ10周年のお祝いの花束とケーキ

(大和町ふりあん お祝いプレート付きシフォンケーキ)のプレゼントをもらいました!

めっちゃ嬉しかったですっ!!

      

折角だからとレストランの主任のYさんにわがままを言って、

コーヒーもサービスしてもらいました。(*^_^*)(半ば、強引、おばちゃんパワーにタジタジ・・・汗)

皆さん、おなか満足・・・・笑顔いいっぱいで解散しました。

おしまい!

 

 

 

 

障がい児余暇支援活動 (4)番外編

2011-08-15

~ あれから8年 あの方たちは今  編 ~

早いもので、なんだかんだと言いつつも
夏休みもあと半月余り。

 

毎日、毎日、毎日うだるような暑さというより酷暑。
そんな中、今日は、珍しく雨が降りました。
私たち人間ならずも外の植物たちもさぞや喜んだことでしょう。

 

明日はお盆。終戦記念日と共に、今年は東北震災で失われた
たくさんの霊に合掌。

 

先日、東日本大震災復興支援上映会「エクレールお菓子記念日」の映画を観てきました。
映画の中で唄われる「お菓子と娘」のフレーズ「お菓子の好きなパリ娘~」
が耳から離れず口ずさんでしまう今日この頃です。

 

まだ観られてない方は是非ご覧ください。
http://www.sagatv.co.jp/event/eclair/eclair2011.html

と、いうわけで・・・(は??・・・どうゆうわけ??)

今回は、障がい児余暇支援の番外編ともいえる記事です。

昔、むかし、わが3男(自閉症)が小4の時に、とてもとても大変なことがありました。

我が家の目の前にショッピングセンター「モラージュ佐賀」が開店したのです。
毎日、毎日、おいでおいでと息子を魅惑的な看板が呼びます。
それに誘われるように日々通って行きます。

これが普通の子供なら何もないのですが、何しろ自閉症
http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/dada/mame01.html)ですから
一端店内に入るとセンター中をウロウロして閉店まで帰って来ません。
とうとう支配人から電話があり・・・泣きながら迎えにいったもんです。(涙)

そんな時、この状態から救ってくれたのが今回紹介する3人です。
その頃、佐大生だった彼女たちが、毎週、毎週末に交代で彼の付き添いをして
1日中付き合ってくれたのです。ほんとうに涙が出るくらいありがたかったことをおぼえています。
これが、外出支援の始まりでした。

それから、毎年、卒業する時、後輩~後輩に彼の付き添い支援を引き継ぎしてくれて
彼が高校入る時くらいまで続けられました。
今では行政支援が整い、ヘルパーさんと毎週末、外出移動支援という支援に形が変わりました。

そんな彼女たちが、今年の夏、佐賀に集結しました。
佐賀の学生ボランティア団体「有明会」の30周年記念式典がありました。
そのあと、個人的会いにきてくれました。
今では立派な先生やお母さん、奥さんになっていましたが
あの頃の話をするととても懐かしく、すごく盛り上がりました。

その時の写真です。

       

そして、帰ってから、素敵なメールを頂いたので、嬉しくて
思わず載せたくなりました。

あの日の機会は“小4ののり君”とお別れし、私の中で新たな“憲征さん”との出会いとなったように思います。
近況も聞けて楽しかったです。お二人は大切な存在です。

ほんとにこちらこそありがとうございました。

そして今、思うのは、私と、同じように困っている保護者さんは、

1人で悩まないで自分から、「助けてほしい」と声をあげてほしいと思います。

今、踏み出す1歩はとても大きい1歩になると思えますから。

追記☆
「お菓子放浪記」で主役の吉井一肇君の舞台あいさつには驚きました。

小学6年生とは思えないくらいのしっかりぶり。
主人公アキオの気持ちになるため映画の撮影中は1か月独りで生活してたそうです。
役者魂を見せられました。

それを見て、村上さんはもう、そこで涙ぐんでました(汗)

そんな村上さんにサプライズな嬉しい花束のプレゼント!
彼女は肩こりではなく背中の肩甲骨の周りがいつも凝るので
ずっといいマッサージ屋さんを探していたのですが
最近、セルフの会員さんから紹介されたお店に行ってみると
とても上手で丁寧だということで行きつけに・・・

そこで、この前行って、突然、誕生日を聞かれて・・・応えると

しばらくして花束が・・・

ビックリ(*_*)したそうです。

せっかくだから・・
セルフのウインドウの飾りました。

 

 

 

 

 

 

« Older Entries
Copyright(c)2011-2013 出張カットNPOセルフ All Rights Reserved. ホームに戻る