障がい児余暇支援活動(5)

2011-08-24

~2011 障がい児親子夏休み教室レポート 編 ~

今夜、窓の外はうるさい位の凄い雨音・・・・
雷まで鳴ってます。怖っっ!!
このパソコンに落ちないことを祈ります。。。。。

最近は雨が降る日が続きますね。

炎天下、灼熱の日中もきついですが、
夏なのにくもり空や雨天ばかりというのも・・・

なんとも・・ねぇ・・・
要するに人間というのは、わがままに出来てるもんです。

 

さて、やっと今日、障がい児夏休み教室が無事に終了しました。
とにかく、事故や怪我がなくてよかった。
毎年、毎年、これが終わると同じことを思うのですが。
今年もみんなの成長と笑顔をみることできて本当によかったです。

長い、長い夏休みのたった3日間の活動だけど、やめられず9年目。
子どもたちには、マンツーマンのボランティアさんが付いて
1日中、目一杯一緒に遊んでくれる。

朝、お互いを紹介されたばかりの時は、あいさつもなく
顔を見てくれなくて、どうしたらいいのかわからないまま
ずっと傍に付いていてくれる。後を追ってくれる。

それで、安心したのかお昼ごはんを食べる頃には、すっかり仲良くなって
おやつの時間、大好きなかき氷作りでは、機械に手を重ねて、
シロップの掛けあい。なんとも微笑ましい関係に変わっていく。

新しいメンバーが、参加者親子、ボランティアと共に増えてきた。

その分、カレーとウインナーの量が増える。嬉しい悲鳴です。

 

しかし、今年は、現実を見せられました。

今まで、ずっといろんな活動に参加していた男の子が、来ない。
いや、来られない。なぜでしょう・・・?

その男の子は、成長して今年、特別支援学校を卒業して、
作業所に通うようになったから。
つまり、社会に出て仕事をするようになったのです。
だから、お盆しか夏休みがないのです。平日はもちろん仕事です。

そうだ・・・そうなんだ・・と、当たり前のことなのですが
成長して喜ばしいことなのですが、なんだか、愕然としました。

いつまでも、わが子の為に・・・と続けてきたこの活動も
来年からは、うちも私だけの参加になるんだ・・と思うと、
複雑な気持ちにさせられた今回の夏休み教室でした。

本題のレポートであります。

☆  今回の日程がベストでした。ボランティアに困らなかったのです。

☆  今年、初めて、ほほえみ館を活動場所にしてみました。
これもナイスチョイスでした。公園と児童館、クーラーの効いた
調理室。ここは今までの中で最高でした。

☆三日月野外研修センターでは、朝のどしゃ降りの雨がやみ、
活動中、ほとんど雨が降らなかったのです。
やっぱり、セルフが頑張ってるから、
神様がなんとかしてあげようと(自画自賛)・・

ちがうか・・・

☆今年はいろんな所からボランティアの参加でした。
佐賀大学・佐賀女子短大・緑生館・長崎からなどなど。
遠くからの参加もあり、ほんとにありがとうございました。m==m

 

追記☆ちなみに、雷で壊れたパソコンは、どこのメーカーも電機屋も
無償修理が効きませんのであしからず。(経験者)

・・・ってそこですかぁ~((+_+))

夏教写真各日5連発!!大放出!!

8月10日(水)ほほえみ館調理室・趣味の部屋・ゆめ咲公園・児童館

         

8月16日(火)ほほえみ館調理室・ボランティア室・ゆめ咲公園・児童館

           

おたまじゃくしっ?!

 

8月23日(火)小城市三日月野外研修センター・夢とロマンの丘公園

         

 


コメントを書く







コメント内容


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Copyright(c)2011-2013 出張カットNPOセルフ All Rights Reserved. ホームに戻る