障がい者(児)余暇支援 (3)

2011-07-01

~総会や講演会などイベント中の保育依頼 編 ~

まだまだ北部九州では、梅雨明けのニュースは聞こえてきませんね~
今日は雨降る?明日は雨降る?とわが三男は毎日、新聞の天気予報が気になる様子。

やっぱり、学校行くとき雨が降ってるとイヤなのは
みんなと同じなんだなぁ~(裸の大将風に・・・)

今回は、【セルフ】もうひとつの顔(*^_^*)じゃなくて、事業。
障がい児余暇支援の中のボランティア育成事業に依頼のあったイベント中の保育の記事です。

【セルフ】は、とんでもなくすんごいボランティアさんたちと
とんでもスーパーボランティアコーディネーターとの交流があります。

皆さん、まだ、18~22歳の若い学生さんが、
その青春の真っただ中にある時間を、障がい児や障がい者と仲良くなりたい!
もっと知りたい!!と余暇支援に自分から進んで係わって下さっています。

私の若い時(あったんですよっ!!)なんか・・・そんなこと考えもしませんでした。
ほんとに頭が下がるばかりです。

毎回、感謝、感謝の気持ちでいっぱいになります。

とにかく、どんな様子だったか、ごらんください(*^_^*)
~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~

5月28日(土)に,武雄の手をつなぐ育成会へ保育のボランティアへ行きました。
武雄の育成会会長からの依頼で,総会の時の保育をお願いされました。
ボランティア講座を受けた学生たちが保育を担当します。

“保育”とは言え,対象の子どもが,小学校高学年~大人まで・・・
コミュニケーションのとり方や言葉遣いなど,相手に合わせて話していたようです。

中2の男の子を担当した椛島君(21)は,
「初めて担当する子どもさんでしたし,お互いに緊張気味でした。
プロフィールにもう少し情報がほしかったです。
話しかけないと,相手はだまったままなので,
様子を見ながら,話す言葉を選んでコミュニケーションをとりました。
講座を受けていたので,少ない情報の中でも,何とか対応できました。」

と感想を話してくれました。

当日の保育ボランティアのために,前もって打ち合わせに行きました。
行程を確認して,行き先の下見をします。晴れの日,雨の日の2パターン考えます。

担当する子どもたちの性別,障害,特徴,癖などある程度の情報をもとに,
ボランティアとつけ合わせします。それだけでも,丸1日かかります。

そして,当日,朝早くから武雄に出発しました。あいにくの雨で,
バスハイクが買い物に変更になりました。その後のニュースポーツは,みんな楽しんでいました。

ボランティア学生たちにとっては,よい経験になったようです。

武雄の育成会も大変喜ばれていました。

~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~

と、ゆうことで、もし何か保育が必要なイベントや行事の際はご相談ください。
この記事を書いてくれた
スーパーボランティアコーディネーターFさんのOKが出れば
商談成立です(@^^)/~~~

よろしくお願い致します。m(__)m


コメントを書く







コメント内容


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Copyright(c)2011-2013 出張カットNPOセルフ All Rights Reserved. ホームに戻る